物流道 物流ポータルサイト物流業界のポータルサイト

物流専門の求人サイト

物流セミナー(東京都)

株式会社内田洋行「食品ITフェア2019(東京)」

物流セミナー

株式会社内田洋行「食品ITフェア2019(東京)」

株式会社内田洋行「食品ITフェア2019(東京)」

3月5日(火)

東京都中央区新川2-4-7 株式会社内田洋行 新川本社

無料 (事前予約制)

近年食品業においては、消費者ニーズの多様化による「多品種少量化への対応」「品質管理の強化」環境問題に対応した「廃棄ロス削減」「物流効率化」、少子高齢化に対応した「ロボット活用」「業務の自動化」「グローバル化」や税制改正による「軽減税率対応」など複数の課題がまったなしの状況です。

今回の食品ITフェアにおきましては、特に省人化に対応したユーザー様や識者のご講演、軽減税率対応に役立つご講演、食品業に特化したソリューション展示を取り揃えております。

皆様の経営の課題解決のヒントとしてお役立ていただけますよう、心よりご参加をお待ち申し上げております。

セミナーを印刷
タイトル

食品ITフェア2019(東京)

開催日3月5日(火)
時間11時00分~18時00分(受付開始:10時30分)
場所​ユビキタス協創広場 CANVAS
住所東京都中央区新川2-4-7株式会社内田洋行 新川本社
参加費用無料 (事前予約制)
定員100名
申込先

下記URLのページのセミナー詳細より、セミナーの参加をお申込みいただけます。


https://uchida.smktg.jp/public/application/add/187?ss_ad_code=T36
地図を拡大

セミナーイメージ

  • 株式会社内田洋行「食品ITフェア2019(東京)」
  • 株式会社内田洋行「食品ITフェア2019(東京)」
  • 株式会社内田洋行「食品ITフェア2019(東京)」
11時00分12時00分

【TA-1】消費税10%・軽減税率直前対策!企業がやるべき実務を徹底チェック!

消費税10%への引き上げ・軽減税率制度導入まであと数か月となりました。

今回の消費税改正では、はじめての複数税率制度となるため、実務における対策は急務となります。

本セミナーでは、ここでしか聞けない消費税改正前に企業がチェックしておかなければならない実務対策を制度と照らし合わせながら解説いただきます。

<講師>
アクタス税理士法人 代表社員 税理士 加藤 幸人 氏

13時00分13時45分

【TA-2】店舗、物流センター、工場、調達の各業務データを一元管理 業務スピード、品質向上への挑戦!新宿高野の成長を支えるIT活用のポイントとは

新宿高野様は最高の美味しさで商品をお届けするべく、店舗、物流、工場、調達の各業務を統合してデータの一元管理に取り組まれました。

今回は、システム稼働に至るプロジェクトの概要と、システム稼働により、データが見える化され、各業務間の業務効率向上と正確性の向上により、お客様サービスを向上させた事例ついてご紹介いただきます。

<講師>
株式会社 新宿高野 常務取締役 髙野 芳由樹 氏

13時20分14時00分

【TB-2】キーワードは「サプライチェーンの可視化」物流ネットワークを横断する簡易情報プラットフォームのご提案

過剰も欠品もなく、在庫の最適化を実現するためには、サプライチェーン上の在庫が、過去・現在・未来含めて可視化されている必要があります。
しかし、アウトソーシングやBCP対策のための倉庫分散などにより在庫が分散され、プレイヤーも増えたことから、情報の分断が散見されます。

供給元・自社・取引先・倉庫を繋ぐ情報基盤で、サプライチェーン上の在庫を簡易的に可視化し、最適化のご支援をいたします。

<講師>
株式会社内田洋行 情報システム事業部 ソリューション営業部

14時10分15時20分

【TA-3】ロボットで変える、食品物流が変わる!実用化が進む「物流ロボティクス」の今を語る

企業の業務自動化・省人化にスポットが当たるなか、「物流分野へのロボット活用」が大きな関心事となっています。
一方、どのように自動化や省人化を進め、その中に「ロボット」を活用するべきか?食品業界における適用事例は?など、まだまだ情報が不足しているのが現状ではないでしょうか。

本セミナーでは、物流分野の識者の皆様に、「自動化・省人化に繋がるロボティクスの活用実例」について語っていただきます。「物流ロボティクスの今」をぜひ体感ください。

<講師>
株式会社流通研究社 代表取締役社長 月刊マテリアルフロー 編集長 一般社団法人 日本マテリアルフロー研究センター 常務理事 菊田 一郎 氏

株式会社ギークプラス 代表取締役社長 佐藤 智裕 氏

株式会社FAプロダクツ 代表取締役社長 貴田 義和 氏

株式会社内田洋行 物流ソリューションスペシャリスト 松浦 祥 氏

14時30分15時10分

【TB-3】在庫の正確な把握、効率良くピッキングがしたいという課題はありませんか?「スーパーカクテルCore FOODs販売・物流オプション」での解決方法をご紹介します

食品業向けERP実績No.1!調達から生産、販売まで一元管理を実現。食品製造業・加工業、卸業など、食品を扱う企業の業務に特化。
ハンディーターミナルを活用したバーコード検品連携により物流機能も強化し、トレーサビリティにも対応したERPパッケージのご紹介をいたします。

<講師>
株式会社内田洋行 情報システム事業部 プロダクト開発部

15時50分16時35分

【TA-4】ペーパーレス化による生産業務の合理化 ~エンタープライズモビリティ実践事例~

不二製油様では生産現場において、「紙帳票への手書きによるデータ収集」からの脱却が、生産性向上の課題となっていました。そのためにはタブレットを活用したペーパーレス化と迅速で精緻なデータ化が重要なポイントとなります。

本セミナーでは、実際の現場帳票が、どのようにしてデジタル化され収集・活用されているか、従業員の生産性がどのように高まったのか、エンタープライズモビリティの実践結果に基づきご紹介いただきます。

<講師>
不二製油株式会社 株式会社ITマネジメントパートナーズ 不二製油事業部 第三グループ 玉木 隆大 氏

15時50分16時35分

【TB-4】自社物流を活用 通販物流に特化した3PL 事業・事例のご紹介

「面倒」を「利便」に変えるべくロジスティクスをビジネスの中核に位置づけ、コスト削減はもちろん事業拡大にも挑戦。

今回のセミナーでは、3PL 事業に視点を置き、近年の市場ニーズはなにか?そのニーズに応えるべく、どのような戦略・業務改善が必要か?急成長を続け全国多店舗展開している小売業からの受託業務事例を通じて、同社の責任者自らお話しいただきます。

<講師>
レッドホースコーポレーション株式会社 カスタマーサービス部 部長 大久保 雅明 氏

17時00分17時45分

【TA-5】RPAを利用して多様化する電子取引に対応し、受注業務の効率化に成功

長野県上田市に本社を置く信州ハム様では多様化する電子取引に対応するためにRPAツールを導入し、受注業務の効率化を進めています。

本セミナーでは信州ハム様におけるRPAツールの活用方法とその導入効果をご紹介いただきます。
また、信州ハム様でご利用いただいているユーザックシステムのRPAソリューションの紹介とともにRPAの導入の進め方を合わせてご紹介いたします。

<講師>
信州ハム株式会社 総務部 情報管理課 課長 久 聡紀 氏

ユーザックシステム株式会社 取締役 マーケティング本部長 小ノ島 尚博 氏

17時00分17時40分

【TB-5】生産原価の把握、原価シミュレーションをしたい!という課題はありませんか?「スーパーカクテルCore FOODs生産・原価システム」での解決方法をご紹介します

正確な原価管理、原価計算、シミュレーションに課題を感じていませんか?販売管理、生産管理、原価管理システムが分散し、業務が非効率になっていないでしょうか。

食品業で実績No.1のシステムをトレーサビリティの実現、在庫コスト削減・廃棄ロスの削減、製造原価の把握と低減、 原価シミュレーションによる製品戦略の実現のポイントでご紹介いたします。

<講師>
株式会社内田洋行 情報システム事業部 プロダクト開発部

10時30分18時00分

展示会場

「分析~計画」「受発注・RPA」「取引先連携」「製造」「入荷~出荷」の5つのカテゴリに分けご紹介します。
是非、ご覧ください。

このセミナーが気になる

物流セミナーを掲載する

物流
ニュース
物流
用語
物流
セミナー
物流企業
サーチ
サイトポリシー個人情報保護方針お問い合せ運営会社お知らせ

©物流道 2006