物流道 物流ポータルサイト物流業界のポータルサイト

シングルウィンドウ化

しんぐるウインドウカ

Single Window System

シングルウィンドウ化とは、輸出入・港湾関連手続きを一元化をすることをいいます。

平成15年7月に実現された貨物の輸出入や船舶の入出港に係る行政手続のワンストップサービス(シングルウィンドウ化)は、関係省庁の各システムを相互に接続・連携することにより、一回の入力・送信で関係行政機関に対する輸入・港湾関連手続が可能となりました。各手続に共通する情報の重複入力の手間を省くことや、複数の行政機関への申請をひとつの窓口から行うことが可能となるなどのメリットがあります。

平成20年10月には、税関手続のほか、関係省庁システムの一体的運営を図った新たなシングルウィンドウが稼働し、その後の平成22年2月には、航空貨物の税関手続等を処理するAir-NACCSのシステム更改が行われ、空港における入出港手続がシングルウィンドウ(府省共通ポータル)に追加され、貨物の輸出入や船舶・航空機の入出港に係る行政手続のシングルウィンドウ化が実現しました。

今後についても、農林水産省の動・植物検疫手続のシステムや、厚生労働省の食品衛生手続のシステムをNACCSに統合される予定です。

物流用語を検索

物流用語メニュー


物流
ニュース
物流
用語
物流
セミナー
物流企業
サーチ
サイトポリシー 個人情報保護方針 お問い合せ 運営会社 お知らせ

©物流道 2006