物流道 物流ポータルサイト物流業界のポータルサイト

物流専門の求人サイト

物流総合効率化法

ぶつりゅうそうごうこうりつかほう

物流業者を支援する法案のことです。
2005年に成立した法案で、2016年に「改正物流総合効率化法」として改正されています。

主に、物流センターの建設や、モーダルシフト、営業所の集約などをおこなう際の支援として利用されています。

物流総合効率化法の特徴としては下記があります。

事業許可等の一括取得

倉庫業、貨物利用運送事業、一般貨物自動車運送事業に該当する場合、これらの営業許可を一括して取得することができます。

中小企業の支援

資金面の支援、低利融資などの支援を受けることができます。

物流拠点施設や整備に対する税制特例

物流施設に関する税制特例(法人税、固定資産税などの特例)、立地する際の開発許可の配慮など。

3PLには欠かせない物流総合効率化法

物流センターは3PLには必要不可欠であるが、自社で調達する場合は、用地の取得や、設備の建設に多額の資金が必要となります。

物流総合効率化法の支援対象者となることで、物流センターを建設しやすいようになっています。

物流総合効率化法を更に詳しく


物流用語を検索

物流用語メニュー


物流
ニュース
物流
用語
物流
セミナー
物流企業
サーチ
サイトポリシー 個人情報保護方針 お問い合せ 運営会社 お知らせ

©物流道 2006