物流道 物流ポータルサイト物流業界のポータルサイト

ハブ&スポーク

はぶあんどすぽーく

hub-and-spoke

ハブ&スポークとは、FedExがはじめた輸送形態のことで、拠点の空港(ハブ)に荷物を集中させ、各拠点(スポーク)に分散させる方式です。従来の拠点間相互輸送に比べ輸送効率を向上させることが可能となりました。

FedEX社の輸送の中心ターミナルはアメリカのメンフィスにあり、アメリカ国内の主要都市で集配荷され、メンフィスで集中仕分けし、アメリカ国内の主要都市で集配荷を行うことで効率的な輸配送を行っています。

各都市の拠点はスパー(拍車の意味)と呼ばれ、中心と各都市を結ぶ輸送ルートはスポーク(自転車などのスポークの意味)とよばれます。スパー同士の地域間輸送も行っています。

物流用語を検索

物流用語メニュー


物流
ニュース
物流
用語
物流
セミナー
物流企業
サーチ
サイトポリシー 個人情報保護方針 お問い合せ 運営会社 お知らせ

©物流道 2006