物流道 物流ポータルサイト物流業界のポータルサイト

バーコード

ばーこーど

bar-code

バーコードとは、何本かのライン(バー)で商品名、製造会社名、品目などの商品情報を表すシンボルのことです。

一次元、改良を加えた二次元のバーコードがあり、一次元のものとしては多くの消費財で使用されているJAN、ダンボール向けのITF、宅配便など伝票に用いられるNW-7、倉庫内で活用されるCODE-39、SCMラベルで使用されるCODE-128などがあります。

2次元バーコード(二次元シンボル)は、一次元バーコードより多くの情報を、より少ない面積に保有することができます。

JAN

JANとは、Japanese Article Numberの頭文字からとった略号で「日本の商品番号」という意味です。

jan

EAN

EANとは、European Article Numberの頭文字からとった略号で、イギリス、フランス、ドイツなどのヨーロッパ諸国で、国際的に通用する統一コードです。

ean

UPC

UPCとは、Universal Product Codeの頭文字からとった、米国の一般製品コードの頭文字からの略号です。

upc

ITF

ITFとは、統一商品コードで、Interleaved Two of Fiveの略号です。
JANコードの前に1桁または2桁の「物流識別コード」を付加したも ので、「物流商品コード」といいます。

itf

NW-7(CODABAR)

4本のバーと、3本のスペースの合計7本で、構成されているので、NW-7とも呼ばれています。
ナンバリング式印刷が容易なため、血液の管理用、宅配便の配送伝票、図書の管理、貸出用会員カード、書留郵便の管理用な ど、連番印刷の必要なものに広く利用されています。

nw7

CODE39

CODE39は、主に工業用に、FA(Factory Automation)をはじめ、 自動車、電機関係の輸出入用梱包などに使用されています。

CD39

CODE128

CODE128は、フルアスキーの128文字すべてをシンボル 化できます。
スタートコードが3種類あり、それぞれ103種のコードパターンをもっているので、スタートコードの選択により128文字が表現できます。

C128

バーコードを更に詳しく

物流用語を検索

物流用語メニュー


物流
ニュース
物流
用語
物流
セミナー
物流企業
サーチ
サイトポリシー 個人情報保護方針 お問い合せ 運営会社 お知らせ

©物流道 2006